駐車場経営をする心得|心強い味方に依頼しよう

住宅模型

アパート経営に有用な契約

男の人

単身者向け物件に効果的

家賃債務保証を利用するメリットは入居者が連帯保証人を必要としなくなることと、家賃の滞納が起こったときにも収入が途絶えることがない点です。連帯保証人を必要としているのは家賃の滞納のときに取り立てる先を確保しておきたいからに他ならないでしょう。それを保証会社が肩代わりしてくれるのが家賃債務保証であり、立替払いをしてくれるので家賃収入が途切れてしまう心配がないのです。立て替えをした分も自分で徴収する必要はなく、保証会社が取り立てを行ってくれるので入居者との直接のトラブルは発生しにくいというメリットがあります。この方法によって賃貸経営をより円滑に進められる可能性が高いのは単身者向けの安価なアパート経営です。学生や新卒の社会人、配偶者に先立たれてしまった高齢者などのように収入の安定性に不安があって、かつ連帯保証人を立てるのが難しい人が入居できる候補になる物件であると家賃債務保証を魅力に感じてくれる人が多くなります。家賃がもともと安めのアパートで単身向けの場合には該当する人が大勢いるので、空室を減らす目的で導入すると効果が得られる可能性が十分にあるでしょう。アパート経営をしていて住人が増えないのが気にかかるというときには家賃債務保証を検討してみるのが重要になります。ただ、自分には費用的な負担がかからないものの、住人には保証料の負担がかかるので実質的に家賃が値上がりしたという印象を与えてしまうリスクがあるので、家賃の安さも同時に売りにすることが大切です。